「ほめトレ」実践でお客様に嬉しい変化が!?訪問介護ヘルパーさんより 

先日、参加者の方から嬉しいご報告メールをいただきました。

その方は訪問介護ヘルパーさんでご老人のサポート業務をされています。以前、担当しているご婦人が排せつの介助をする度に、「恥ずかしい。こんな想いをするなら死にたい」とおっしゃっていたそうなのです・・・・。

最初は気の毒に感じ、気落ちする時もあったそうですが、ワークショップでやった「モノほめ」を実践してくれたそうです。
<モノほめ=自分が扱う商品(サービス)の価値を最大化し、魅力的に相手へ伝える」ということ>

徹底的に紙おむつを使った方が良いポイント、排泄介助のメリット、安心感等良い点を探し、
本気で笑顔で言い続けたそうです。 素晴らしい!!!

そうしたら、そのご婦人は安心し打ち解けてくれて、今では大きな声で笑ったりする間柄に。
彼女とお客様の関係の大きな進歩が生まれ、「あなたが来ると元気になるわ」と嬉しい一言をいただいたそうです。

毎回「身体が不自由でもこんなイイことがあるんだ」的な会話もされているそうです。

介助・介護のお仕事は尊いけれど、多大な労力が伴い、時に心の余裕を持てない時もあります。
そういう時に、自分から意識を変える行動をとられた、Kさん。 その笑顔により、お客様との
絆が生まれる。

事象の捉え方は自分次第で変えられる事を、改めてKさんから学ばせていただき
心が震えました。  感謝。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です